アップルが「OS X Mountain Lion」をリリース

アップルMac用OS「OS X Mountain Lion」をリリースしました。

前バージョンに当たる「OS X Lion」で、モバイルOS「iOS」の機能を取り入れる方向性を打ち出しましたが、今回はさらにそれを推し進める形となっています。

「OS X Mountain Lion」では、「iOS」でお馴染みの「リマインダー」「メモ」「iMessage」「通知センター」「Game Center」を搭載した他、「Facebook」「Twitter」との連携や、スリープ中にアップデート作業を行う「Power Nap」、Apple TVへの「AirPlayミラーリング」などを新たに導入。

手に入れるためには、以前と同じくMac App Storeから1,700円でダウンロード購入で提供されています。

ということで、インストールして試してみようと思ったのですが、「MacBook Pro (Mid 2012)」から「Up-to-Dateプログラム」に申し込んだところ、届くはずのコンテンツコードのメールが来ない…

いちおう申し込みから24時間以内ってことなので、後から来るかもしれませんが、トラブルの事例も多く上がっているので、ちゃんと送ってくれるのでしょうか。

まぁ、買っても1,700円なので大したことないですが、ひょっとしてアップルはそれを狙っているのかな。

コメントを残す