Googleが「Android 4.1」「Nexus 7」「Nexus Q」を発表

Googleが開発者向けイベント「Google I/O」で、「Android 4.1」「Nexus 7」「Nexus Q」を発表しました。

「Android 4.1 Jelly Bean」は、モバイルOSの次期バージョンで、音声認識や動作速度の向上、スケジュールから時間を逆算して通知してくれる「Google Now」などを搭載。

開発者向けSDKはすでに配布されており、一般向けには7月中旬に提供開始されるようです。

「Nexus 7」は前述のAndroid 4.1を搭載した7インチ・タブレットで、8GBモデルが199ドル(約16,000円)、16GBモデルが249ドル(約20,000円)という低価格がウリの端末。

米Amazonが199ドルの「Kindle Fire」で人気を得たことから、それの対抗商品ってところなのでしょうね。

「Nexus Q」は、ソーシャル・ストリーミング端末と呼ばれるもので、Android端末内のデータか、Google Playで購入したコンテンツをスピーカーやテレビで再生するデバイス。

NFC機能なども搭載しており、訪問した友達が「Nexus Q」にタッチすることで、持ってきた音楽を再生することもできるようです。

まぁApple TVにソーシャル機能を足した感じですが、球体ってのはひょっとしたら設置に困るのではないでしょうか。

その他、イベント参加者限定ですが、メガネ型AR機器「Google Glass」も来年初めに出荷予定で、1,500ドル(約12万円)で予約受付されており、けっこう近いうちに一般向けにも提供されるのかもしれませんね。

それにしても、今回も「Nexus 7」「Nexus Q」は日本向けの提供は未定。

そろそろ、このギャップを無くしてほしいところなのですが。


コメントを残す