マイクロソフトがWindows Phone 8を発表

マイクロソフトが次期モバイルOS「Windows Phone 8」を発表しました。

開発者向けには夏頃にSDKが提供され、市場への投入は2012年後半になるとのこと。

「Windows Phone 8」では、近距離無線通信NFCに対応し、決済機能や情報交換機能の搭載、マルチタスク機能、microSDカード対応、Internet Explorer 10搭載など、近年のフォーマットにひと通り対応してきた感じですね。

またシステムのコア部分では、デスクトップ用OS「Windows 8」との共通化も行われており、Windows用のアプリやゲームが簡単に移植できるとのこと。

それと既存の「Windows Phone 7」端末については、「Windows Phone 7.8」へアップグレードし、一部の機能が導入されるらしいです。

先日、発表された「Surface」も合わせて、今回はマイクロソフトの気合いの入り方がなかなかのものですね。

ただ日本では「Windows Phone 7」端末は、結局「IS12T」のみと寂しい状態で、いざ「Windows Phone 8」が投入されても、どこかメーカーが開発してくれるのか微妙なところです。

「Windows 8」がヒットして、「Windows Phone 8」との連携がスムーズに行えるならば、その可能性は高まりそうな気もしますが。

コメントを残す