アップルがWWDC 2012で新製品を発表

アップルWorldwide Developers Conference(WWDC) 2012で、ノート型Macの新モデルを発表しました。

発表されたラインナップは、「MacBook Air」「MacBook Pro」。

全モデルとも、CPUがIvy Bridge搭載となり、USB 3.0、Bluetooth 4.0、Thunderbolt対応になりました。

「MacBook Air」「MacBook Pro」については、基本的には前モデルからのスペックアップでデザイン変更などは行われていませんが、「MacBook Pro」の方は17インチモデルが無くなり、代わりに「MacBook Pro with Retina display」がラインナップに追加されています。

「MacBook Pro with Retina display」は、2880×1880ピクセルの画面解像度に、HDMIポートも搭載。

サイズの方は15インチモデルに限定されていますが、本体の薄さもウリになっており、「MacBook Air」の13インチよりかは重いが、「MacBook Pro」の13インチよりも軽くなっています。

まぁ標準搭載のSSDが少なめなのと、DVDドライブ無い点がやや引っかかりますが、スペックを犠牲にしないで、持ち運び用にするにはちょうど良さそうな感じでしょうか。

WWDC 2012のキーノートでは、その他にも次期デスクトップOS「Mountain Lion」とモバイルOS「iOS 6」の紹介も行われました。

「Mountain Lion」は事前の発表通り7月発売で、価格は19.99ドル(1,700円)ですが、本日以降にMacを購入した人には無料で提供とのこと。

機能面は以前からアップルのサイトで公開されていますが、iCloud完全対応、音声での文字入力、通知センター、Game Centerなど200以上の新機能が搭載されています。

一方の「iOS 6」は、Siriの強化、Facebookとの統合、電話応答の自動メッセージ、Safariのタブを他のデバイスと共有、他の人とPhoto Streamの共有など。

また、マップのアプリはGoogle マップから自前の地図に変更されており、渋滞情報やナビゲーション機能も内蔵されるようになりました。

まぁ今回のイベントでは「MacBook Pro with Retina display」という新製品も登場しましたが、今までのアップルの傾向からすると、新登場モデルは様子見するのが良かったりするんですよね。

近々Macを買い換える予定だったので、しばらく情報収集してみましょうか。

コメントを残す