WindowsからMacに乗り換える時のソフトウェア選び

最近はiPhone/iPad人気で、WindowsからMacにスイッチする人も増えているようですが、今まで使っていたソフトウェアが使えなくなるのが悩みの種。

Boot Camp」「VMware Fusion」「Parallels Desktop for Mac」などでWindows環境を構築することもできますが、基本的にはWindows版のソフトウェアは使えないので、Mac版のソフトウェアを用意する必要があります。

そこで、Windowsで利用していたソフトウェアは、Macにした時にどんなソフトウェアに当たるのかということを書いてみたいと思います。

Internet Explorer

Mac版IEはバージョン5.2.3で開発終了になったので、「Safari」「Firefox」「Google Chrome」などを利用することになります。

Windows Media Player

こちらもMac版はバージョン9で開発終了となったので、QuicktimeでWindows Mediaを再生できるコンポーネント「Flip4Mac WMV」をインストールして対応。

ただし、DRMのかかったファイルは再生できません。

Microsoft Office

Mac版Officeで「Word」「Excel」「PowerPoint」「Outlook」が利用できます。

Access」は無理ですが、「OneNote」は「Evernote」で代用、「Visio」は互換ソフト「OmniGraffle」があります。

Microsoft Visual Studio/Microsoft Expression Studio

無理です。

…と言いたいところですが、「Mono」などを使えばいちおう.NET Framework絡みの開発も可能です。

ただWindows/Windows Phone用アプリを開発する際は、素直にWindowsを使った方が良いです。

ちなみにMac/iPhone/iPad用アプリの開発には、「Xcode」というIDEが用意されています。

・メールソフト

標準で「Mail」というソフトが付属されています。

・テキストエディタ

HTMLエディタとして使う場合は、「mi」「Jedit X」あたりが「秀丸エディタ」「TeraPad」に近い感じかと。

・FTPソフト

昔は「Fetch」というソフトが定番でしたが、最近はフリーのものでは「Cyberduck」が人気です。

FFFTP」「WinSCP」と同じような使い勝手にしたい場合は、有料ですが「Transmit」がオススメです。

・コマンドライン

Mac OS Xに標準で付いている「ターミナル」で、「Tera Term」「PuTTY」と同等の機能が実現できます。

・自宅サーバ

標準でApacheがインストールされているので、自分でPHPMySQLなどを追加すればLAMPに近い環境にすることができます。

手軽に環境を構築したい場合は、Mac App Storeで「OS X Lion Server」を購入すれば、OpenSSL、PHP、PostgreSQLPostfixDovecotBINDなどをセットアップしてもらえます。

・リモートデスクトップ

遠隔でWindowsを操作したい時は無料の「Remote Desktop Connection for Mac」、Macを操作したい場合は有料で「Apple Remote Desktop」があります。

・画像、動画、音楽の制作/管理

標準で「iPhoto」「iMovie」「GarageBand」が付いてくる他、上位版の「Aperture」「Final Cut Pro X」「Logic Pro」が用意されていたり、各種アドビ製品もMac対応しているので、特に困ることはありません。

というか、このジャンルはMacの方が向いています。

・ゲーム

最近はMac対応ゲームも増えましたが、「FINAL FANTASY XIV」「モンスターハンター フロンティア オンライン」などのMMORPG系は軒並み対応していないので、このジャンルには向いていません。

・テレビの視聴

CaptyTV Hi-Vision」「m2TV(GV-M2TV)」など、チューナーを買い足せばデジタル放送の視聴も可能です。

・Blu-rayディスクの再生

外付けのブルーレイ・ドライブと、「Mac Blu-ray Player」という再生ソフトを組み合わせれば可能です。

アップルがブルーレイに否定的なので、標準で対応する気配は無いです。

・DVDディスクへの書き込み

標準でDVDの書き込み機能が付いていますが、「Toast Titanium」などを使うと細かな調整もできるようになります。

…ということで、昔は不便だったMacも、最近は特に困ることも少なくなりました。

まぁ、最悪デュアルブートでWindowsも起動できるので、HDD容量とメモリを多めに積んでおけば、1台で済んでしまう点は便利なのではないでしょうか。

Mac で Windows を動かすなら act2.com

コメントを残す