ソフトバンクが2/24よりSoftBank 4Gサービスを開始

ソフトバンクが、下り最大110Mbps/上り最大15Mbpsの高速通信サービス「SoftBank 4G」を2/24より開始すると発表しました。

料金プランは「4Gデータし放題フラット」が用意されており、5,985円/月で5Gバイトまでの通信量が高速、それを超えた場合は128kbpsの低速通信に切り替わるようです。

なお4/30までは「4Gデータ通信スタートキャンペーン」で4,980円/月、すでにスマートフォンなどを契約していて追加で「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」を購入する場合は「スマホセット割」で3,880円/月となります。

ソフトバンクの高速通信サービスといえば、以前より「ULTRA SPEED」が提供されていますが、こちらは下り42Mbps。

NTTドコモXi」が下り75Mbps、au+WiMAX」が下り40Mbps、イー・モバイルEMOBILE G4」が下り42Mbpsなので、頭ひとつ抜けだしたような感じですね。

ただ、いくつか注意点もあり、専用端末「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」が下り76Mbps/上り10Mbpsまでしか対応していないことと、サービスエリアがまだ狭くて各地の主要な地域でしか利用できないことなどがあります。

「SoftBank 4G」のエリアから外れる場合は、自動的に「ULTRA SPEED」に切り替わりますが、まぁこういうサービスは移動の多い人向けだったりしますからね。

とりあえず実測値を見てみないとわからないところあるので、しばらくは様子見でしょうか。

コメントを残す