Windows Vistaのサポート期限が延長

マイクロソフトが2012年4月10日に終了予定だったWindows Vistaのサポート期限を、2017年4月11日まで延長しました。

Windows Vistaのメインストリームサポートについては4月に終了しますが、今回引き伸ばしが行われたのは延長サポートの方。

延長サポート期間では、バグ修正、セキュリティパッチなどは提供されますが、ソフトウェアのバージョンアップやお問い合わせ対応などが省かれることになります。

ちなみに各サポート期間は、

[Windows XP]
発売日 2001/10/25
メインストリームサポート 2009/04/14
延長サポート 2014/04/08

[Windows Vista]
発売日 2007/01/30
メインストリームサポート 2012/04/10
延長サポート 2017/04/11

[Windows 7]
発売日 2009/10/22
メインストリームサポート 2015/01/13
延長サポート 2020/01/14

となりました。

まぁ、これでWindows XPと逆転していたサポート期間が順当な形になりましたが、ソフトウェア開発者にとっては10年前のOSもサポートしないといけなくなるわけで、正直サッサと切り捨ててくれた方が嬉しかったりするんですけどね。

2012年後半にはWindows 8も発売予定なので、しばらくは4つのOSが入り乱れる状態になりそうです。

コメントを残す