Ringo Starr『Ringo 2012』

同じ元ビートルズポール・マッカートニーも同時期に新作『Kisses On The Bottom』を発表し、グラミー賞でトリのパフォーマンス、パーソン・オブ・ザ・イヤー受賞と華やかにピックアップされていましたが、こちらリンゴ・スターも負けじと新作『Ringo 2012』をひっそりと発売しました。

総収録時間29分、9曲中2曲がカバー曲、2曲がセルフカバー曲、ジャケットもタイトルも超シンプルと、聴く前から一抹の不安を感じるアルバムではありますが、今作は良くも悪くもリンゴらしい1作になっているのではないでしょうか。

今作も前作『Y Not』に続きセルフ・プロデュース作となっており、ゲストにはジョー・ウォルシュデイヴ・スチュワートエドガー・ウィンター、ドン・ウォズ、ケニー・ウェイン・シェパードヴァン・ダイク・パークスなどが参加。

全体的に勢いのある楽曲が並んでおり、『Ringo The 4th(ウィングズ~リンゴ IV)』からのセルフ・カバー「Wings」や、『Ringo』からの「Step Lightly」なども今作で力強く生まれ変わっている感じですね。

ここ数年はコンスタントに作品をリリースしているリンゴですが、今作でも相変わらず元気なドラミングとヴォーカルを聴けて、なんだかホッとするような感覚でしょうか。

コメントを残す