グラミー賞2012発表

ロサンゼルスでグラミー賞の授賞式が行われました。

最優秀レコード賞、最優秀アルバム賞、最優秀楽曲賞の主要3部門を含む合計6部門を受賞したのはアデル、最優秀新人賞には合計2部門を獲得したボン・イヴェールが選ばれました。

7部門にノミネートされていたカニエ・ウェストは4部門、フー・ファイターズは5部門を獲得、ブルーノ・マーズレディー・ガガリアーナはそれぞれ無冠に終わっています。

それと授賞式では、前日に亡くなったホイットニー・ヒューストンに哀悼の意を表すアーティストも多く、ジェニファー・ハドソンが「I Will Always Love You(オールウェイズ・ラヴ・ユー)」を急遽パフォーマンスしています。

またホイットニーと共に、1月に亡くなったエタ・ジェイムスを追悼して、彼女の楽曲「A Sunday Kind Of Love」をパフォーマンスしたのは、ボニー・レイットアリシア・キーズ

他には、85歳のトニー・ベネットキャリー・アンダーウッドとのデュエットで「It Had To Be You」、初期メンバーで再結成したザ・ビーチ・ボーイズが「Good Vibrations」を披露。

パーソン・オブ・ザ・イヤーに選ばれたポール・マッカートニーは、ギターにジョー・ウォルシュ、ピアノにダイアナ・クラールをフィーチャーして新曲「My Valentine」を歌っています。

式の最後でも、ザ・ビートルズ時代の「Golden Slumbers 〜 Carry That Weight 〜 The End」をパフォーマンスしており、「The End」ではポール、ラスティー・アンダーソン、ブライアン・レイの他、ブルース・スプリングスティーン、ジョー・ウォルシュ、デイヴ・グロールも加わってのギター・バトルを観せてくれました。

まぁ今年はアデルが総ざらいでしたが、突然のホイットニー・ヒューストンの死という残念な出来事もあり、授賞式全体が追悼ムードに包まれている年でしたね。

ちなみに亡くなった人の中では、アップル前CEOスティーブ・ジョブズ氏にも特別功労賞が贈られていました。

コメントを残す