Kinect for Windows購入

マイクロソフトが、開発者向けに販売を開始した「Kinect for Windows」を購入してみました。

Kinect for Windows
↑電源はコンセントから給電、PCとはUSBで接続します。

Kinectといえば、元々はXbox 360用のモーション・コントローラーですが、勝手ユーザがPCで利用するためのドライバを作成したのをキッカケに、公式にWindows用SDKが提供されるようになりました。

ハードウェアとしては、「Kinect for Xbox 360」に比べて近距離で利用できること、Xbox 360では利用できないことなどが、違いとなっています。

パッケージは本体のみが内包され、SDKやサンプルは公式サイトからダウンロードと、あくまで開発者をターゲットにした製品という感じですね。

ちなみにサンプルは、C#またはC++のソースコードで提供されており、Visual Studio 2010でビルドして試すことができます。

ということで、サンプルの「ShapeGame」で動きを試してみましたが、けっこうちゃんと動きを検知できるものなんですね。

今後は、ゲームやWindows 8との組み合わせにも期待したいところです。

「Kinect for Windows購入」への1件のフィードバック

コメントを残す