ドコモからディズニー携帯が発表

ディズニーNTTドコモと提携して、新ブランド「Disney Mobile on docomo」を発表しました。

ディズニーといえば、ソフトバンク回線を借りるMVNOでディズニー・モバイルの端末を発売していますが、そちらは「Disney Mobile on Softbank」という位置付けになり、並列した形で「Disney Mobile on docomo」を展開していくことになります。

今回、発表されたのは富士通製「F-08D」とパナソニック製「P-05D」で、どちらもAndroid 2.3搭載のスマートフォン。

「F-08D」は「REGZA Phone T-01D」がベースになっており、防水、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線とガラパゴス機能が充実。

「P-05D」は、防水、おサイフケータイに、下り14MbpsのFOMAハイスピード対応。

どちらもディズニーならではのサービスが用意されており、ソフトバンク版に比べると、新たに動画サービス「Disney シネマ」「Dlife」、子供向けコンテンツ「Fun with Kids」などが追加されているようです。

メールアドレスも「@disneymobile.ne.jp」がもらえるようなので、ソフトバンク版の「@disney.ne.jp」と同等の扱いみたいですね。

まぁ、スペックを売りにすることが多いAndroidだけに、サービス面を充実された端末が登場するのは面白いところです。

コメントを残す