Ubuntuベースのテレビが登場

米Canonical社が、Linuxの人気ディストリビューション「Ubuntu」をベースにしたテレビ「Ubuntu TV」を発表しました。

機能的には通常のテレビ放送や、インターネット上の動画サービス、ストリーミング・サービスなどを横断的に検索、視聴できるというもの。

最近のテレビ分野といえば、GoogleAndroidをベースにした「Google TV」や、アップルも近々参入するのではという噂もあるぐらいで、新たなプラットフォーム争いが生まれそうなジャンルではあります。

ただ米国で「Google TV」を採用した、SonySony Internet TV」やLogitechRevue」については、今のところ芳しくない評価。

操作画面やリモコンが複雑になり過ぎたため、既存のテレビよりも扱いが難しいことが受け入れられない原因となっています。

実際、「Ubuntu」を採用したことでどれぐらいメリットがあるのかは未知数なので、まぁ今後の追加情報をチェックしたいところです。

あと、日本では発売されるのかな?

ソニーストア

コメントを残す