マイクロソフトが「Kinect for Windows」を2/1に発売

マイクロソフトが、Xbox 360用モーションコントローラ「Kinect」を、PC向けデバイスとして利用できる「Kinect for Windows」を2/1に発売するそうです。

日本でも同日に発売予定で、米国での価格は249ドル。

元々は、Xbox 360用に提供されていたコントローラを、PCで利用したいユーザがハッキングしたことで、マイクロソフトがニーズに答える形でSDKを公開したわけですが、ついにパッケージとして提供されることになります。

やや高めの価格設定なのは、Xbox 360用の「Kinect」よりも近距離で利用できるように調整していることや、他のハードウェア売上の相乗効果が無くなっていることが原因とのこと。

PCゲームだけでなく、Windowsの操作もできるようなので、普及次第では新たなサービスもいろいろ出てくるかもしれませんね。

また現在は、Xbox LIVEの「Games for Windows」で提供されているゲームは少ないですが、これをキッカケに少しは増えるのでしょうか。

Xbox 360は要らないけれど、「Kinect」には興味がある人は注目ですね。

コメントを残す