Googleが「Google Music」を正式スタート

Googleがクラウド型の音楽配信・管理サービス「Google Music」を、米国限定で開始しました。

「Google Music」は、ユーザが持っている楽曲をアップロードしたり、オンラインで購入した楽曲をすべてクラウド上に保存しておき、PCやAndroid端末からストリーミング再生できるというもの。

仕組みとしては、米Amazonがやっている「Amazon Cloud Drive」に近い形ですね。

Googleらしいところといえば、気に入った楽曲をSNS「Google+」で共有できることや、誰でも自由に楽曲を販売できる「Artist Hub」を用意していることでしょうか。

まぁ今後は他の国にも展開していくのでしょうが、今回も法律の問題から日本でのサービスは難しそうですね。

米国では「iTunes Match」や「Amazon Cloud Drive」など、音楽クラウドのサービスが盛り上がっているのですけどね。


コメントを残す