シャープが新型GALAPAGOSを発表

シャープGALAPAGOSシリーズの新型タブレット「GALAPAGOS EB-A71GJ-B」を、12/9より発売することを発表しました。

スペック的にはイー・モバイルから発売されている「GALAPAGOS(A01SH)」と同じですが、今回は新たにWiMAXにも対応しています。

WiMAXに対応したことでUQ WiMAX オンラインショップでも販売され、UQ Flat 年間パスポートを契約すると本体価格が5万9,800円から4万4,800円に値下げされるそうです。

GALAPAGOSといえば、少し前にiPadに惨敗して撤退したようなニュースがあったような気もしますが、まだ事業は継続するようですね。

ただ、米Amazonが販売している「Kindle Fire」はコンテンツを同時に用意することで魅力が出ていますが、GALAPAGOSについてはあくまで端末スペックがプッシュされています。

シャープ1社でコンテンツまで用意するのは難しいのでしょうが、そろそろこの方向性を見直しても良い時期かと思うのですが…

コメントを残す