アドビがモバイル向けFlashの開発を終了

アドビAndroidBlackBerryなどスマートフォン/タブレット向けに提供してきたFlash Playerですが、バージョン11.1を最後に開発を終了するそうです。

Flashコンテンツを作成しているデベロッパーには、HTML5への移行を薦めています。

iOSWindows Phoneなどと違って、Androidの強みのひとつにFlashに対応しているということがありましたが、結局は撤退ということになったわけですね。

ただFlashのテクノロジはAdobe AIRへの変換機能に注力し、今後はアプリ開発に使えるようにするとのこと。

またPC向けには、Flash 12以降も提供を続けるそうです。

まぁ最近はPC向けでもFlash離れが顕著に進んでおり、胴元のアドビがモバイル・プラットフォームを諦めたわけですから、今後さらに導入は躊躇されるようになっていくかもしれませんね。

コメントを残す