iPhone 3GSからiPhone 4Sに乗り換えての感想

今までiPhone 3GSを使っていて、iPhone 4Sに機種変更して気付いたことを書いておくことにします。

まぁ当たり前のことも多いですが、iPhone 4をスルーしただけに、iPhone 4Sを使ってみて改めて感じたこともいろいろありました。

1. 速い

iPhoneアプリの動作、アプリの並び替え、iTunesとの同期など、今までのモッサリした動作が圧倒的に速くなりました。

iOSは、もともと遅さを感じさせないような作りになってはいますが、それでも体感速度が一気にアップしています。

2. 形状が角張っていて、持ちやすい

iPhone 3GSは丸みを帯びたデザインだったので、持った時にツルッと滑ることもありましたが、これが持ちやすくなりました。

3. カメラが使えるレベルに

iPhone 3GSの300万画素から、iPhone 4Sでは800万画素に強化されたので、ザラザラだった画像がクッキリになってます。

他にもフラッシュが搭載されたり、インカメラが付いたことで自分撮りやFaceTimeにも対応できるようになりました。

まぁテレビ電話を使う機会は、そうないとは思いますが。

4. 音声認識「Siri」が面白い

iPhone 4S独自の新機能として、音声認識機能「Siri」が付きましたが、日本語に対応するのは2012年。

現在は英語で使うことができるので会話してみると、「Hello, Steve」と呼びかけると「Hello」と返し、「I’m fine today(今日も元気だ)」と喋ると「If you say so(あっ、そう)」と返事してくれます。

ちなみに「Weather」という発音が難しくて、どうしても天気を聞くことができませんでした。

5. 保護ケースがまだ少ない

形状はiPhone 4に近いですが、微妙にサイドのボタンの位置などが違っています。

ケースやフィルムなど共用できるものも多いですが、精密に作られているものほど対応を待つことになります。

6. 「iPhone for Everybody」キャンペーンは継続

iPhone 3GSを契約した時期にも寄りますが、My Softbankで契約内容を確認すると「iPhone for Everybody」キャンペーンは継続されているようです。

実質的にはあまり意味はないかもしれませんが、「パケットし放題 for スマートフォン(キャンペーン)」「2年契約(キャンペーン)」の文字は残っています。

7. iPhone 3GSのSIMカードはそのまま

iPhone 4SはmicroSIMカードなので、iPhone 3GSのSIMカードはソフトバンクに返すのかと思ってましたが、そのままになっています。

回線契約が無くなって圏外表示になっているので、記念に持っておくぐらいでしょうか。

…といったところで、まぁ恩恵が大きいのは動作速度とカメラですかね。やっぱり。

iPhone 3GSを初めて触った時のサクサク感が帰ってきたのは、嬉しいところです。

コメントを残す