Noel Gallagher’s High Flying Birds『Noel Gallagher’s High Flying Birds』

オアシス解散後、弟リアム・ギャラガーはいち早く残りのメンバーでビーディ・アイとして活動を始めましたが、兄ノエル・ギャラガーもついにソロ・アルバム『Noel Gallagher’s High Flying Birds』をリリースし、活動を再開しました。

ちなみにソロ活動は、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ名義になっていますが、実際はノエル1人が固定メンバーで、あとはその都度変わっていくという形式になっているようです。

アルバムからはすでに、イギリスで「The Death Of You And Me」「AKA… What A Life!」、アメリカで「If I Had A Gun…」がシングル・カットされており、ビーディ・アイよりも良いチャート・アクションになっているようですね。

楽曲の方は、大別するとオアシス時代と大きく異なるわけではないですが、ウォール・オブ・サウンドと言われた音の壁は無くなり、ノエルのメロウな歌声が目立つ作品が多くなっています。

サウンド面では、バランスの良かったオアシスの1st『Definitely Maybe(オアシス)』の雰囲気に近いかもしれません。

さすがメロディメーカーと呼ばれるだけあって、聴いているといつの間にやら彼の世界観に引き込まれていくような感じです。

それとCDの初回生産限定盤ダウンロード版では、今作のメイキング、「The Death Of You And Me」のPVとメイキングが収録されているので、興味ある人はチェックしておきましょう。

ちなみに2012年夏には、次のアルバムも予定しているとのことなので、今後の展開も楽しみなところですね。

コメントを残す