GoogleがWebプログラミング言語「Dart」を発表

Googleが、JavaScriptに対抗するプログラミング言語として「Dart」を発表しました。

サンプルを見た限りでは、記述方法も割とJavaScriptに近い感じでしょうか。

動作させるためには、Webブラウザ側にプラグインとして仮想マシン環境を用意するか、JavaScriptに変換して利用するとのこと。

まずはGoogle Chromeに搭載されることになりそうですが、普及させるためには他ブラウザへの対応次第でしょうね。

GoogleはJavaScriptには根本的な欠陥があることを以前から指摘していたので、まぁこれも自然な流れというところですが、それにしてもJavaScript人気の昨今で、どこまでシェアを伸ばせるのか注目しておきたいところです。


コメントを残す