Tony Bennett『Duets II』

多数のアーティストとの共演を果たした作品として、2001年に『Playin’ With My Friends: Bennett Sings the Blues』、2006年に『Duets: An American Classic』をリリースしているトニー・ベネットですが、今度は生誕85年を記念した『Duets II』が発売になりました。

前作もかなり豪華なゲスト陣でしたが、今作でもレディー・ガガシェリル・クロウノラ・ジョーンズマライア・キャリーウィリー・ネルソンなどの他、故エイミー・ワインハウスの最後のレコーディング曲なども収録。

取り上げている楽曲はジャズ・スタンダードで、実際のレコーディングでも顔を見合わせながら歌っているので、非常に良い空気感が漂っている作品となっています。

今作からは、故エイミー・ワインハウスとデュエットした「Body And Soul」がチャリティー・シングルとして先行リリースされていましたが、これが史上最高齢でのチャートインを記録。

アルバムの方もビルボードで1位を獲得し、こちらも史上最高齢でのNo.1ヒットと記録ずくめの作品となりました。

まぁ作品の内容としては、特に意表を突かれることもなく、純粋なジャズ・ボーカル作といった感じですが、それにしても85歳になっても衰えないトニー・ベネットの歌声が素晴らしいですね。

初回限定生産盤ではDVDが付属されており、レコーディング中のスタジオの様子も収録されているので、ゲスト・アーティストと楽しく歌っている映像を観つつ、今作を聴くのも良いのではないでしょうか。

コメントを残す