Björk『Biophilia』

ビョークが7作目のアルバム『Biophilia』をリリースしました。

最新のテクノロジーを使った実験的な作品も多いビョークですが、今作では通常のCD版/ダウンロード配信以外に、iPhone/iPadアプリでもリリース。

インタラクティヴなコンテンツと合わせたアプローチも話題となっている作品です。

アルバムのテーマは、音楽+自然+テクノロジーということですが、アプリやPVでは宇宙をイメージした作りになっており、全体的にコンセプト・アルバムのテイストになっています。

曲の方も音数は少なめで、フワフワとした印象が強いですね。

シングル「Crystalline」では、後半にビョークらしいエレクトロニカ・ビートが炸裂しますが、他の曲ではフワッと始まってフワッと終わるものが多く、全体的に抑揚の少ない作品ですかね。

この雰囲気にハマれば心地良く聴くことができるでしょうが、逆だとイマイチ掴みどころの無い印象になるので、聴く人を選ぶアルバムといった感じです。

まぁそこがビョークらしいといえば、ビョークらしいわけですが。

コメントを残す