ソフトバンクが冬春モデルを発表

NTTドコモauに続いて、ソフトバンクも2011年冬~2012年春モデルの10機種を発表しました。

2011年冬-2012年春商戦向け新機種について
http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2011/20110929_07/

10機種中9機種でAndroid搭載と、他社に比べるとスマートフォンへの傾倒が顕著ですが、特にシャープ製が4機種と目立ちます。

またNTTドコモが「Xi」、auが「WiMAX」を推していたのに対し、ソフトバンクは下り21Mbpsの「ULTRA SPEED」への対応がウリになっています。

ちなみにサービスエリア的には「WiMAX」が一番広いですが、「ULTRA SPEED」もけっこう追いついてきたという感じですかね。

「Xi」は都市部以外では、全然ダメなところですが。

またモバイルWi-Fiルーター「ULTRA WiFi 4G 101SI」では、「ULTRA SPEED」と「SoftBank 4G」に両対応。

「SoftBank 4G」は東京都の中心部ぐらいしか利用できませんが、それ以外のエリアでは「ULTRA SPEED」で利用することになります。

「SoftBank 4G」の利用料金は未定とのことですが、「ULTRA SPEED」は「データし放題フラット for ULTRA SPEED」4,980円/月か、「データし放題 for ULTRA SPEED」1,400~5,460円/月となっているので、これに近い形になるのでしょうか。

まぁソフトバンクもauと同じで、とりあえずiPhone 5の発表待ちという感じですかね。



Video streaming by Ustream

コメントを残す