Windows 8 Developer Previewをインストールしてみた

マイクロソフトが2012年に発売を予定している、「Windows 8」の開発者プレビュー版を「Parallels Desktop 7 for Mac」の仮想環境にインストールしてみました。

Windows Metro Style Apps Developer Downloads
http://msdn.microsoft.com/en-us/windows/apps/br229516/

「Windows 8」は「Metro Style」と呼ばれる、「Windows Phone 7」のようなタッチパネルでの操作が前提となっていることは以前より発表されていましたが、実際どうなるのかがこれでわかるようになりましたね。


↑ロック画面を上にスライドするとログイン画面が出ます


↑ログイン画面

今までのデスクトップ画面もありますが、基本的にはスタートメニューを押して、全画面表示でアプリケーションを呼び出すスタイルのようです。


↑Windowsキーを押すとスタートメニューが表示


↑スタートメニューを右にスライドしてみた


↑エクスプローラーはリボンインターフェイスに

インターネット・エクスプローラーは、開発中のバージョン10がインストールされています。


↑Internet Explorer 10 Developer Preview


↑コントロールパネル

FacebookTwitterへの接続も、アプリケーションが標準搭載されたことで、Webブラウザを起動しなくともチェックできるようになっています。


↑Facebookに接続できるSocialite


↑SocialiteでNews Feedを表示してみた


↑Twitterに接続するTweet@rama


↑大阪の天気を表示してみるとSakaになっちゃった

「Windows Developer Preview with developer tools English, 64-bit (x64)」には、Windows用のアプリケーションを開発できる「Visual Studio 11 Express」「Expression Blend 5」が付属されています。

また、現在は利用できませんが、スタートメニューの中には「Store」の表示があり、おそらく「Mac App Store」のようにWindows用のアプリケーションが販売されるようになるのでしょう。


↑Visual Studio 11 Express for Windows Developer Preview


↑Expression Blend 5 Developer Preview

スタートメニューを右にスライドすると、ゲームなどのエンターテインメント・ツールが並んでいます。


↑Paintplayでお絵かきしてみた


↑数独でちょっと息抜き

「Windows Phone 7」もそうでしたが、「Windows 8」のユーザー・インターフェイスも横にスライドさせて、表示を切り替えていくのが特徴になっていますね。

確かにタッチパネルだとそれで問題ないわけですが、マウスで操作となると、これがなかなか使いにくい。

同じような方向性で、アップルも「Mac OS X 10.7 Lion」をリリースしましたが、こちらはあくまで「Magic Mouse」や「Magic Trackpad」を使うことを前提にされているので、それほど違和感はありませんでした。

「Windows 8」の場合は、タッチパネルありきのような操作性になっているので、ちょっと微妙かなぁ。

そんなに一気に、タブレットやスレートPCに入れ替わるわけでもないでしょうし、正式版ではどう調整してくるのか注目したいところです。

コメントを残す