アナログ VS デジタル

時々、話題に上がることのひとつに、書類や資料は紙の方が良いか、デジタルデータの方が良いかということがある。
僕はデジタルデータ派なのだが、多数決を取ったりすると、どうも紙の方が良いという意見が大多数を占めることが多かったりする。

紙の方が基本的に見やすいということもわかるのだが、デジタルではキーワードで検索できるという利便性があり、それが大きいと感じているのでできるだけ資料はデジタルデータで管理するようにしています。

もっとも、僕の場合は最初にGoogleを使った時にすばらしく感動したので、検索機能の重要性を感じたということもあります。

音楽、写真、映像などはすでにデジタルデータが多数を占めているわけですが、活字というのは移行が難しいものなのでしょうか。

コメントを残す