ドコモがXi対応Androidタブレット2機種を発表

NTTドコモが、高速通信規格Xiに対応したAndroidタブレット「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」「ARROWS Tab LTE F-01D」を発表しました。

「GALAXY Tab 10.1 LTE」は、訴訟問題で揺れているサムスンのGALAXYシリーズからの新モデル。

1.5GHzのデュアルコアCPUに、Bluetooth 3.0+EDR搭載など、スペックの良さがウリになっており、10月上旬に発売予定とのこと。

「ARROWS Tab LTE」は富士通製で、防水、ワンセグ、DLNA対応で、10月中旬の発売となっています。

防水機能があるので、お風呂に持っていってワンセグ放送を観たり、DLNA接続でHDDレコーダーに録画した番組を観ることもできるわけで、今まで発売されたAndroidタブレットの中では一番魅力的ですね。

Androidタブレットは、割とスペックばかりがプッシュされがちで、肝心の使い道がよくわからないというケースが多かったわけですが、こういったライフ・スタイルを提供する製品が出てきたのは、なかなか注目どころです。

まぁXiの対応エリアの狭さと、キャンペーンで安くなっているとはいえ利用料金の高さが気になるところなので、Wi-Fiモデルも出して欲しかったというところではあるのですが。

富士通

コメントを残す