ソニーがIFA 2011に合わせて新製品を発表

ソニーIFA(国際コンシューマエレクトロニクス展) 2011に合わせて、一気に新製品を発表しました。

Android関連では、タブレット端末「Sony Tablet」を2モデル、スマートフォン「Xperia arc S」、さらにAndroidウォークマンについてはプロトタイプを公開しています。

「Sony Tablet」は以前よりティーザー・サイトで情報が一部公開されていましたが、9.4インチの方が「Sony Tablet S」、5.5インチ×2が「Sony Tablet P」の正式名称になりました。

「Sony Tablet S」のWi-Fiモデルは9月17日発売予定で、16GBが44,800円、32GBが52,800円。

「Sony Tablet S」の3G+Wi-Fiモデルと、「Sony Tablet P」はNTTドコモの通信網を利用しており、価格は未定で10〜11月発売となっています。

う〜む、他社製品と比べるとちょっと高いかなぁ。

ちなみに電子書籍の専用端末「Reader」にも新製品が投入されるようで、こちらは6インチE Inkディスプレイ、Wi-Fi、マルチタッチを搭載した「PRS-T1」が発表されています。

「Xperia arc S」は、「Xperia arc」からCPUやカメラを強化したモデルで、パノラマ撮影や3D写真にも対応。

2011年秋にヨーロッパで発売が予定されていますが、日本は今のところ未定のようです。

それと気になるAndroidウォークマンですが、こちらは発売済みのウォークマン携帯のオマケ音楽機能とは違って、音楽再生に特化したモデルで、通話機能やカメラは無いものの、クラウド・サービス「Music Unlimited」対応、HDMI端子、DLNA接続、音質を向上するS-Master MX搭載などに対応しています。

要はソニー版iPod touchですが、これだと日本での発売もありえそうな感じでしょうか。

デジタルカメラ部門では、αシリーズの新モデルとしてミラーレス一眼「NEX-7」「NEX-5N」、一眼レフ「α77」「α65」が発表されています。

また同時に、種類の少なかったEマウントレンズもラインナップが強化されているので、これで既存ユーザも幅が広がりそうですね。

それと注目が、3Dヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」と、3Dヘッドフォン「MDR-DS7500」。

「HMZ-T1」は、いわゆるスカウターのようなもので、テレビやホームシアターが無くても、3D映像と5.1chサラウンドを楽しめるガジェットとなっています。

価格も59,800円と手頃な設定だけに、けっこう面白い商品になるかもしれませんね。

「MDR-DS7500」は、「MDR-DS7100」の後継製品となり、7.1chサラウンドを水平、垂直で再現できるヘッドフォンとなっています。

さて、久しぶりに面白そうなソニー製品が並びましたが、ほとんどが発売までにまだ時間があります。

今後の追加情報もチェックしておきたいところですね。

ソニーストア

コメントを残す