スティーブ・ジョブズ氏がアップルCEOを辞任

スティーブ・ジョブズ氏がアップルCEOを辞任して、会長職に退くことを表明しました。

スティーブ・ジョブズ、AppleのCEOを辞任
http://www.apple.com/jp/pr/library/2011/08/24Steve-Jobs-Resigns-as-CEO-of-Apple.html

スティーブ・ジョブズからの手紙
http://www.apple.com/jp/pr/library/2011/08/24Letter-from-Steve-Jobs.html

後任にはティム・クック氏が就任するとのこと。

ジョブズ氏といえば、2004年に膵臓ガンの手術を行い、その後もホルモンバランスを崩して何度も入院したことで、見た目にもやせ細っていました。

また、ここにきて自伝『Steve Jobs: A Biography』を発表したりと、すでにその徴候はありました。

まぁ、やはりMacユーザとして心配なのは、アップルがまた経営危機にならないかどうかということですね。

90年代にジョブズ氏がアップルを離れた際に、倒産寸前まで経営が悪化した歴史もあり、この退任ですでに株価にも影響が出始めているわけですから。

そろそろ行われるであろう次回のキーノートがどうなるのか、注目したいところです。

コメントを残す