ニンテンドー3DSが1万円の値下げ

任天堂が8/11より、ニンテンドー3DSの価格を25,000円から15,000円に値下げすることを発表しました。

ニンテンドー3DS 値下げのご案内
http://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2011/110728_3.pdf

発売して半年ほどしか経っていませんが、売上不振が続いていたので思い切った値下げをしてきましたね。

そして、すでに購入済みの人には「ニンテンドー3DS アンバサダー・プログラム」と銘打って、バーチャルコンソールタイトルのファミコン10本、ゲームボーイアドバンス10本が無料配信されます。

まぁニンテンドー3DSが売れないのは、本体価格の高さもありますが、ソフトのラインナップが貧弱なことも一因。

本体が売れていないだけに、ソフトウェア・メーカーも様子を見るという状態にハマり込んでいたので、この施策で解消することに期待しましょう。

最初からこの価格で販売していれば違う状況になっていたかもしれませんが、今回は任天堂はちょっと欲張り過ぎましたね。

コメントを残す