3D対応VAIO L購入

3Dモニタ搭載のVAIO Lを購入しました。

元々は初代VAIO Lを使っていましたが、やたら動作が遅いので、2年足らずの期間ですが、思い切って買い換えることにしました。

VAIO L
↑左が初代のVPCL11AFJ、右が3D対応のVPCL22AJ

さすがに、Core2 Quad/DDR2 SDRAM/GeForce GT 240Mから、Core i7(Sandy Bridge)/DDR3 SDRAM/GeForce GT 540Mと、スペックも今風になったことでずいぶん快適になりました。

他にしばらく触ってみた感想としては、

・静音性が向上

初代では起動した時点からファンがゴウゴウと五月蝿く、発熱も凄かったですが、新型ではほとんどファンも回らず静かなPCになりました。

・起動が早い

初代は起動してから使えるまで20分ほど待たされましたが、新型では3分ほどで作業ができるようになってます。

・テレビ機能が高速化

スグつくTVも搭載され、Giga Pocket Digitalの起動待ちや、アプリのクラッシュでイライラさせられることは今のところ無いです。

・3D再生はやや迫力不足

24インチモニタということで仕方ないのですが、やはり3Dコンテンツは40インチ以上の画面で観た時の感動には勝てません。

FeliCaが無くなった

本体の形状が変わったことで、FeliCaポートが無くなり、Edyで決済したい時は別売りのPaSoRiが必要になります。

・ACアダプタが巨大

初代では内蔵していたACアダプタが外部仕様になりましたが、これがけっこう置き場に困るぐらいの大きさです。

というところでしょうか。

初期の頃にVAIO Lを購入した人は、おそらく期待はずれに感じた人も多かったのではないかと思いますが、このモデルに買い替えてみてずいぶん好印象になったような感じです。

まぁ最初から快適性を意識して出してくれていれば、ガッカリすることもなかったかもしれないですけどね。

ソニーストア

コメントを残す