App Storeが円高を反映して値下げ

アップルiPhone/iPod touch/iPad用アプリを販売するApp Storeで、販売価格の単位を変更したようです。

今までは1ドル=115円で計算されていましたが、現在は円高ドル安を反映して1ドル=85円が基準になっています。

まぁ直近のレートは1ドル=79円ぐらいですが、それでも大幅な値下げになったのは嬉しいですね。

ちなみにApp Storeだけでなく、Mac用アプリを販売するMac App Storeでも同様のレートが設定されているので、

Final Cut Pro 35,000円 → 26,000円
Aperture 9,000円 → 6,900円
iWork(Keynote/Pages/Numbers) 2,300円 → 1,700円
iLife(iPhoto/iMovie/GarageBand) 1,700円 → 1,300円

と、高額なソフトウェアも手を出し易い価格になりました。

ただ、日本の開発者にとっては単純に値下げということになるので、今まで80.5円の売上が59.5円に減ることになります。

アップルもいきなり変更するんじゃなくて、細目に為替レートを反映してくれれば良いのですけどね。

コメントを残す