GoogleがSNS「Google+」を発表

先日、お気に入りの共有機能「+1」の世界展開を始めたばかりのGoogleですが、今度はソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)「Google+」を発表しました。

現在はまだテスト段階ということで、一部のユーザだけへの招待制となっていますが、友人をグループ分けする「サークル」、登録したトピックに合わせて自動で情報を配信してくれる「Sparks」、「ビデオチャットルーム」、写真共有機能「インスタント アップロード」、「グループチャット」などが特徴として紹介されています。

あれ?、「+1」とは連携しないのですかね?

ちなみにGoogleといえば、これとは別に「orkut」というSNSをずいぶん昔から運営していますが、こちらは「Friendster」「Myspace」「Facebook」といった、かつての王者に負け続けているサービス。

今度はうまくいくのでしょうか。


コメントを残す