ニンテンドーeショップがオープン

ニンテンドー3DSの本体更新によって、「ニンテンドーeショップ」「インターネットブラウザー」「ニンテンドー3DSへの引っ越し」機能が追加されました。

「ニンテンドーeショップ」では、ダウンロードでソフトが購入できる他、プロモーション用の動画が3Dで視聴できるようになっています。

販売されるソフトは新作だけではなく、バーチャルコンソールゲームボーイ時代のゲームも遊べるようになっています。

ちなみに、7/31までは「3Dクラシックス エキサイトバイク」が無料でダウンロードできるようになっており、6/17には「ポケモン立体図鑑BW」も無料提供される模様。

プロモーション動画の方は、3DS専用で「ゲームセンターCX 有野の挑戦」なども配信されています。

「インターネットブラウザー」は、ニンテンドーDSiの「ニンテンドーDSiブラウザー」と比べるとずいぶん高速化され、実用的にはなりましたが、どうも操作性にクセがあり、一応ネットサーフィンができるぐらいに考えておく方が良いかも。

「ニンテンドー3DSへの引っ越し」は、DSiウェアのソフトを引っ越すことができるというものですが、注意しないといけないのはセーブデータを引っ越すことができないことでしょうか。

引っ越すためには、ニンテンドーDSi側の本体を更新して、ニンテンドーDSiショップから「ニンテンドー3DSへの引っ越し」をダウンロードすることで行うことができます。

できれば、ニンテンドーDSiポイントの残高も移動させてもらえると嬉しかったのですけどね。

それにしても「ニンテンドーeショップ」のイチオシが、「エキサイトバイク」「ゼビウス」っていうのは、完全に30代以上のファミコン世代をターゲットにしてますよね。

コメントを残す