アップルがMac OS X 10.7 Lion、iOS5、iCloudを披露

アップルWorldwide Developers Conference(WWDC) 2011で、「Mac OS X 10.7 Lion」「iOS5」「iCloud」を発表しました。

「Mac OS X 10.7 Lion」は、すでに以前より一部が公開され、開発者向けにはベータ版が提供されていますが、改めてプレス向けに主要な機能を説明した形です。

マルチタッチ、全画面表示を前提にしたインターフェイス、iOSを意識したデスクトップや、バックアップ・システム「Resume」「Auto Save」、イントラネット内でのP2Pソフト「AirDrop」など、新機能も多数用意されているようです。

ちなみに販売は、7月よりMac App Store経由限定で29.99ドル(約2,400円)と、かなり格安設定になっていますね。

「iOS5」にも多くの新機能が登場しており、Androidのようなポップアップ通知「Notification Center」、雑誌の定期購読サービス「Newsstand」、TwitterをOSレベルでサポート、指定した時間や指定した場所に到着した時に通知する機能「Reminder」、写真編集機能、iPhone単体でのOSアップデート機能、「Game Center」のターンベース(トランプなど交互にアクションを起こすもの)対戦機能、iOS間でメッセージやファイルをやり取りする「iMessage」、Wi-FiでのiTunes同期機能、iPadの画面をテレビに出力する「AirPlay Mirroring」など。

開発者向けのSDKは本日より提供開始され、一般公開は今秋とのこと。

ちなみに、このバージョンからiPhone 3G/第2世代iPod touchは切り捨てられるようです。

そして注目の「iCloud」ですが、こちらは以前より提供されていた「MobileMe」をリニューアルする形で、iOS上のファイルが全自動でクラウド上に保存されるというもの。

保存されたファイルは、他のデバイスやMac/Windowsにも自動で同期され、購入した音楽、アプリ、書籍は無制限、それ以外は5GBまでのストレージが用意されるようです。

また、待望のiTunes Storeで購入した音楽の再ダウンロードも可能になり、価格も99ドルから無料と、ずいぶん太っ腹対応となっています。

2011/06/08 追記
音楽の再ダウンロードは、日本では提供されないようです。

そしてOne More Thingでは、新サービス「iTunes Match」が登場。

iTunes Storeで購入した楽曲以外でも、iTunes Storeの楽曲とマッチングさせて購入したものとして扱い、クラウド上に256kbps AACの楽曲として保存してくれるサービスで、いちおう「Amazon Cloud Player」「Google Music」のライバルになりますが、こちらは年額24.99ドル(約2,000円)。

魅力的なサービスではあるのですが、日本では法に触れそうなので難しそうかな…

ということで、今回はハードウェアの発表は無く、ソフトウェアやサービス面での拡充に絞られていましたね。

まぁ後でコッソリ、ハードウェアをマイナー・アップデートというパターンもあるので、噂には出ていた新型MacBook Airの発表もあるかもしれませんが。

コメントを残す