国内でもAndroidがiOSを逆転

世界のスマートフォン市場では、以前よりAndroidが出荷ベースで首位になっていましたが、ついに国内でもiPhoneなどで採用されているiOSを抜いてトップに躍り出たようです。

2010年度通期国内携帯電話端末出荷概況
http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120110510500

ちなみにシェアは、Androidが57.4%、iOSが37.8%と、すでにけっこう開きがありますね。

また、携帯電話全体でスマートフォンが占める割合というのも22.7%まで上昇しており、スマートフォンがすっかり定着してきた感じです。

2008年から販売されているiPhoneは、まだ今のところアドバンテージを持っているでしょうが、そのうち全体シェアでも逆転されるかもしれないですね。

コメントを残す