Stevie Nicks『In Your Dreams』

近年ではフリートウッド・マックとしての活動の方が目立っていたスティーヴィー・ニックスですが、ソロとしては『Trouble In Shangri-La』から10年ぶりとなる、7作目『In Your Dreams』がリリースされました。

今作ではユーリズミックスデイヴ・スチュワートと、グレン・バラードをプロデューサーに迎え、ゲストにミック・フリートウッドリンジー・バッキンガムなどが参加し、なかなか気合の入ったアルバムとなっています。

1stシングルとなっているのは、冒頭の「Secret Love」。

デイヴのメリハリの効いたギター・サウンドを、ミックの独特のドラムに乗せた心地良い1曲となっています。

他にも「Soldier’s Angel」ではリンジーと、「Cheaper Than Free」ではデイヴと、それぞれ華麗なハーモニーを奏でているので、こちらも注目でしょう。

アルバム全体としては、やや80年代を感じさせるフワッとしたテイストで、まぁ手堅く押さえてきたかなというところです。

80年代に比べると、体格とともに声も太くなってはいますが、相変わらずスティーヴィー節は健在といったところでしょうか。

コメントを残す