新型iMac登場

アップルが、うわさ通り新型iMacを発表しました。

デザインは従来のものを踏襲していますが、このモデルからはCPUがすべてクアッドコアとなり、「FaceTime HDカメラ」「Thunderbolt」も搭載。

「FaceTime HDカメラ」は720p(1280×720)の解像度を持つカメラで、従来のiSightカメラ(640×480)に比べ、約3倍ほど高画質化しています。

「Thunderbolt」は、インテルとアップルが開発した次世代インターフェイスで、USB3.0に対抗する規格。

USB3.0が最大5Gbpsの転送速度に対し、Thunderboltは10Gbps×4となっており、FireWire 800の10倍以上の転送速度を持っています。

アップルは過去にFirewire対USB戦で敗北しているだけに、これがどこまで普及するかはわからないところですが。

他には、オプションでHDDに追加する形でSSDも搭載できたり、グラフィックカードがATI Radeon HDの6000番台になっていたりしますが、まぁ今回はマイナーアップデートではあるでしょう。

コメントを残す