ハリー・ポッター

7/15からシリーズ6作目『ハリー・ポッターと謎のプリンス』が映画公開されますが、そういえば最終作「ハリー・ポッターと死の秘宝」の本を発売日に買ったまま封を開けてなかったことを思い出し、1年遅れでやっと読み終えました。

このシリーズ、4作目以降は上下刊セットで発売になっており、そのせいか前半の話の展開がちょっとまどろっこしく感じるところもあるのですが、最後まで飽きずに読めたのは流石です。
映画版は2010年と2011年に2部作で公開予定とのことですが、どうも映画と小説のイメージのギャップが気になるところです。

コメントを残す