Jeff Beck『Rock ‘n’ Roll Party Honoring Les Paul』

2009年に亡くなった故レス・ポールへのトリビュートとして、ジェフ・ベックが2010年6月8日〜9日にニューヨークのイリディウム・ジャズ・クラヴで行ったライヴを収録したのが、本作『Rock ‘n’ Roll Party Honoring Les Paul(ライヴ・アット・イリディウム~レス・ポール・トリビュート)』。

イリディウム・ジャズ・クラヴは、レス・ポール氏が94歳で亡くなるまで毎週ライヴを行っていた場所で、会場としては非常に小さい規模になりますが、ジェフの手の動きがシッカリと映像に収められているのは、ファンなら嬉しいところではないでしょうか。

ちなみに、客席の方にも度々カメラが向けられ、さり気なくデヴィッド・ボウイ、エース・フレーリー(キッス)などが座っているのが映っていたりも。

ステージの方は、エルヴィス・プレスリーの「(Baby) Let’s Play House」から始まり、その後もしばらくロカビリー・ナンバーが続きます。

序盤のボーカルはイメルダ・メイの夫、ダレル・ハイアムが担当しており、まるでエルヴィスか、エディ・コクランのような衣装に、歌い方まで50’sのテイストという、まさにピッタリのハマり役。

まるで、ソックリさんの出演するバーみたいです。

「Poor Boy」からはボーカルがイメルダ・メイに代わり、さらにレス・ポールの代表曲「How High The Moon」からは、ジェフもギターをギブソンレス・ポールに持ち替えて、いよいよ本題に突入。

ジェフ・ベック&イメルダ・メイのタッグは、レス・ポール&メリー・フォードのスタイルを踏襲したものになっており、けっこう違和感なくハマっている感じですね。

そしてレス・ポール・メドレーの後は、ゲストにトロンボーン・ショーティを迎えての「Peter Gunn(ピーター・ガンのテーマ)」。

管楽器とジェフのギターとのコラボは、今作の聴きどころのひとつでしょう。

その後は、オールディーズ・ナンバーが流されていきますが、終盤で強烈なインパクトを与えてくれるのが、ブライアン・セッツァーが参加した「Twenty Flight Rock」。

ブライアンのギターが暴れまくって、ジェフのお株を奪うかと思うようなプレイが炸裂しており、ギター・ソロの後には客席からの拍手も飛び出しています。

この1曲が、間違いなく今作のハイライトですね。

ボーナス・フューチャーには、ジェフが自身のギターを紹介する映像や、83年にレス・ポール氏と共演した際の映像などを収録。

特にレス・ポール氏とのギター・バトルは必見で、彼もかなりトリッキーなプレイをする人ですが、ジェフがそれ以上のプレイを披露しており、ギター・ソロの途中でレスがジェフのギター・シールドを引っこ抜く場面も観られます。

ちなみに今作はCD版DVD版Blu-ray版でリリースされていますが、DVD版とBlu-ray版の内容は同じで、CD版はそこから何曲かを間引いた形になっています。

まぁ、これほど小さなクラブで演奏するジェフというのも珍しいので、ぜひ映像で楽しむのが良いのではないでしょうか。

コメントを残す