Android 3.0とWeb版Android Marketが登場

Googleが次期Android OS「Android 3.0 Honeycomb」と、PCのWebブラウザから利用できる「Android Market」を公開しました。

「Android 3.0」はタブレット端末専用になっているので、機能追加というよりは、端末に合わせたユーザーインターフェイス面での対応が中心。

今までAndroidタブレットは、スマートフォン向けの「Android 2.x」をカスタマイズしたものが導入されていたので、これは今後出てくる製品に期待というところでしょうか。

それと、Androidアプリを購入できる「Android Market」も、PCからの閲覧、購入にも対応しています。

手順としては、Android携帯をUSBでPCと接続した状態で、「INSTALL」または「BUY」「PURCHASED」ボタンを押すと、アプリが携帯に転送されるという形になります。

まぁ使いやすいかと言われると、ちょっと疑問符が付くところですが、アプリ検索のし易さ、価格が円表示に統一されたことなど、ずいぶん改善点も見られるのは良いことですね。

当初はiPhone/iPad/iPod touchの「iOS」に比べて使い勝手の悪さが目立っていた「Android OS」ですが、急ピッチで改良が進んでいる点は今後も期待したいところです。

ただ、OSのアップデートは端末メーカーまかせなので、旧機種がドンドン切り捨てられていくのを何とかしてもらえると、ありがたいのですけどねぇ。


コメントを残す