ソニーがNGPとPlayStation Suiteを発表

ソニーが「PlayStation Meeting 2011」で、PSPの新型となる「NGP(Next Generation Portable)」、Android OS用にPlayStationコンテンツを提供する「PlayStation Suite」を発表しました。

一時はPSP2とも呼ばれた「NGP」は、高画質化、両面にタッチセンサーを搭載していることが一番のウリでしょうか。

他にも、3G通信、ジャイロセンサー、加速度センサー、GPS、電子コンパスなどいろいろありますが、まぁ他プラットフォームの良いとこ取りといった感じですね。

それと一番大きな変更点となるのが、ソフトウェアのメディアがUMDからNGP専用カードに変わったこと。

PSP用ソフトはいちおう動作可能ですが、UMDで購入したものではなく、PlayStation Storeでダウンロード購入したものに限られることになります。

う〜む、ひょっとするとこれがネックになって、普及が遅くなるかもしれないですね。

それと「PlayStation Suite」の方は、当初はAndroid端末上で初代PlayStationのソフトを遊べるようにするとのこと。

動作環境がAndroid 2.3以上となっているので、今春発売のXperia arcにも対応してきそうな感じでしょうか。

相変わらずPSPhoneの噂もありますが、とりあえず今後の情報を待ちましょう。

今回発表されたのは、どちらも年内に提供開始ということなので、とりあえず遊べるのはもうしばらく先になりそうですね。

ソニーストア

コメントを残す