無煙たばこを試してみた

JTから発売されている、煙の出ないタバコ「ゼロスタイル・ミント」を試す機会があったので、その感想でも。

※パッケージに記載の注意事項
「かぎたばこの使用は、あなたにとって口腔がんの原因のひとつとなり、心筋梗塞・脳卒中の危険性を高めます」

ゼロスタイル・ミント01
↑左がパイプ+カートリッジ2本、右が詰換え用カートリッジ4本

ちなみに「ゼロスタイル・ミント」は、昨年5月より試験的に関東地域で発売されていましたが、今月からは全国地域でも展開されています。

ゼロスタイル・ミント02
↑内容物はこんな感じ

ゼロスタイル・ミント03
↑パイプは空洞で、ただの筒です

ゼロスタイル・ミント04
↑カートリッジにはフィルターが付いています

ゼロスタイル・ミント05
↑ガッチャンコして完成

使い方としては、火を点けずに、この筒を吸うだけ。

普通のタバコと比べてどうなの?と言われると、かなり薄味で、かすかにメンソールの味がするという感じでしょうか。

ただ、それよりもどちらかというと、紙巻きたばことは全く別の嗜好品といった方が的確かもしれません。

それとちょっと気になったのが、いつまで吸っていれば良いのか、イマイチわからないこと。

燃え尽きるということがないだけに、区切りがなく、止め時がつかみにくいです。

ということで感想は、タバコだと思って吸うと拍子抜けしますが、新しい嗜好品だと思うと、まぁアリというところでしょうか。

ところで先日、厚生労働省の調査で喫煙者は就職活動に不利という記事が出ましたが、それと同時期に「ゼロスタイル・ミント」が全国発売。

何か関連があるのでしょうか?

コメントを残す