Phil Collins『Going Back: Live At Roseland Ballroom, NYC』

フィル・コリンズが、モータウンの楽曲をカバーしたアルバム『Going Back』の発売前となる2010年6月25日に、ニューヨークのローズランド・ボールルームで行ったコンサートを映像化したのが、本作『Going Back: Live At Roseland Ballroom, NYC』。

ライヴの方はアルバムと内容を合わせる形で、すべてモータウン・ナンバーの選曲となっており、多くが『Going Back』の収録曲からチョイスされています。

まぁアルバムを聴いた人はほぼ予想がついてしまう感じですが、スタジオ盤が気に入った方ならそれなりに楽しめる内容でしょう。

ラストには「You Can’t Hurry Love(恋はあせらず)」「My Girl」など、以前からステージで演奏されていたお馴染みの曲も登場するのですが、正直なところちょっと冗長的かなぁ。

モータウン・サウンドという言葉があるぐらい、楽曲には独特のリズムがあるわけですが、それがズッと続くと逆にステージのメリハリを無くしてしまうような感じでしょうか。

フィルの方も本調子ではなさそうなので、やや控えめに歌っている印象ですね。

マッタリ、BGM的に流しておくぐらいがちょうど良いかも。

コメントを残す