Mac App Storeがオープン

事前に告知されていた通り、アップルが「Mac App Store」をオープンしました。

Mac App Store

基本的には、iPhoneの「App Store」のMac版というところで、開始当初は1,000本以上がラインナップされているそうです。

まぁ「App Store」に比べると、若干ユーザ・インターフェイスが整理されていない印象がありますが、使い勝手に迷うことはないでしょう。

ちなみにアップルのソフトウェアとしては、「iLife ’11」「iWork ’09」「Aperture 3」「Apple Remote Desktop 3」などがあり、通常パッケージ版を買うよりずいぶん安く購入できるものもありますね。

インストール台数の制限などもなく、いったん購入すれば何台でもインストール可能になっているようです。

ちょっと気になるのは、すでにパッケージ版をインストール済みのソフトウェアは「インストール済み」の表示になっているのですが、今後アップデートする際はどういった扱いになるのでしょうか。

やっぱり新規購入になってしまうのでしょうかねぇ。

後は、アドビマイクロソフトなど、大御所ベンダーが参入してくるかどうかというところも気になるところですが。

コメントを残す