MacPeople 2011年1月号

先月に引き続き、レビュープラスさんから「MacPeople 2011年1月号」を献本いただいたので、今回はそのレビューです。

まず巻頭特集には、先月号に引き続き「MacBook Air」が取り上げられていますが、今回はさらに一歩踏み込んで、実際に使用する際の注意点や、購入時のカスタマイズについてのアドバイスなどが掲載されています。

「MacBook Air」といえば小型で軽量な点が注目されていますが、その反面DVDドライブが無かったり、SSD容量が少なかったりといった部分は見落とされがち。

クラウド・サービスやNASなどと組み合わせながら、こういった点とも上手に付き合っていく方法がいろいろ紹介されていますので、参考になる部分も多いのではないでしょうか。

そして巻頭特集では他にも、アップルが突然サービス開始した「iTunes Store」の映画配信サービスについても触れられています。

Mac」や「iPad」、「Apple TV」での視聴方法が紹介されており、購入/レンタルした映像をホームシェアリングで共有化する際の参考になりますね。

特に「Apple TV」で、何ができるのかよくわからないという方は、これで利用イメージが湧きやすいのではないでしょうか。

そして季節がらもあり、年賀状をフリーソフト「プリントマジック」で作成するための記事も掲載されています。

付属のDVDには、オリジナル素材を含めて、200点以上のJPEGやPhotoshop素材も収録されているので、とりあえず1冊押さえておくというのもアリかと思います。

それからコアなアップル・ユーザ向け(?)の記事としては、過去の重要なアップル製品をピックアップした「アップル起死回生ヒストリー」の特集記事が。

「Apple II」に始まり、「Macintosh SE/30」「PowerBook G3」「iMac」「iPod」など歴代の名機を綴った記事は、アップル・デザインの移り変わりが一望できるので、なかなか興味深いところです。

その他、今月号には「iLife ’11」「iTunes 10」を解説した小冊子、「iLife ’11 + iTunes 10 スターターブック」も付属。

大幅に機能拡張された「iPhoto」「iMovie」「GarageBand」を、まだ使いこなせていないといった方は、新機能をチェックするのにちょうど良いでしょう。

ここのところ、アップルの新製品、新サービスが続々と投入されたので、いったん落ち着いて把握したいという時に、こういった雑誌をチェックするのもひとつの手かもしれませんね。

コメントを残す