電子書籍の現状

2010年の書籍年間ベストセラーが発表され、今年は「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」が1位になりました。

2010年 年間ベストセラー 総合
http://www.tohan.jp/cat2/year/2010_1/

「もしドラ」は確かによく名前を聞いたし、内容も読みやすく面白かったので、まぁ順当な結果だったと思います。

しかし、その内訳を見てみると、書籍172万部、電子書籍9万部となっており、今年これだけ電子書籍が話題になった割には全体の5%ほど。

まだ、思ったほど普及してなかったのですね。

端末としては「iPad」「Kindle」の対抗馬として、今月にソニーが「Reader」、シャープが「GALAPAGOS」を発売するので、来年はもっと普及していくのかな。

ソニーストア

コメントを残す