My Chemical Romance『Danger Days: The True Lives Of The Fabulous Killjoys』

マイケミことマイ・ケミカル・ロマンスが、2006年の『The Black Parade』以来となる4作目『Danger Days: The True Lives Of The Fabulous Killjoys』をリリースしました。

前作では、死をテーマに美しい世界観を作り上げていた彼らですが、今作では2019年のカリフォルニアを舞台に、「Fabulous Killjoys」と呼ばれる4人の無法者と、悪の企業「Better Living Industries」との戦いを描いたストーリー。

曲調も前作とはガラっと変わって、明るいパーティー・ロック的なものが中心になっており、効果音として入れられているシンセ・サウンドも目立つようになりました。

今作からは、アルバムのリリース前に3曲シングル・カットされているので、すでに耳にした人も多いかもしれませんが、ファースト・シングル「Na Na Na (Na Na Na Na Na Na Na Na Na)」を聴くと、あまりの変化にちょっと驚かされますね。

今までのサウンドを期待している人は、肩透かしを食らうかもしれませんが、ただアルバム全体で聴くと、これはこれでうまくまとめられている感じです。

それと今回もPVはかなり凝ってあり、「Na Na Na」「SING」とストーリーが続いているので、この続きがどうなるのか気になるところ。

まぁ今作では若干、彼ららしさが失われた感もありますが、アメコミ風のこのノリも悪くないのではないでしょうか。

コメントを残す