iOS 4.2がリリース

アップルが、iPhone/iPod touch/iPad用のOS「iOS 4.2」をリリースしました。

iOS 4.2では新機能として、「AirPlay」「AirPrint」が追加された他、無料で「iPhoneを探す」機能が使えるようになっています。

また、iPadだけ遅れていたOSのバージョンは統一され、iOS 4系統で追加されていた「マルチタスク」「フォルダ機能」「Game Center」なども利用可能になり、さらに待望の日本語配列のキーボードにも対応しました。

新機能を見ていくと、「AirPlay」はiPhoneなどで音楽/映像を再生中に、出力先として「Apple TV」が選べるようになっています。

また、AirPlayの機能は他社にもライセンス提供されるので、今後AirPlay対応スピーカーというのも登場することが予想されます。

「AirPrint」は、写真や書類を無線LAN対応プリンタに送ることができる機能ですが、現在のところ対応しているのはヒューレット・パッカード(HP)のプリンタのみ。

これは各メーカーの対応を待つ必要がありますが、日本の家庭用プリンタではやはりキャノンエプソンが多いので、今のところあまり恩恵を受ける人は少ないかも。

「iPhoneを探す」は、紛失時にPCから端末の位置を確認できる機能ですが、これに対応しているのは「iPhone 4」「iPod touch(第4世代)」「iPad」と機種が限定されています。

…のはずですが、試してみたところ、「iPad」で無料のApple IDを認証した後に解除。

その後、「iPhone 3GS」で同アカウントにログインしてみると、あら不思議、起動することができました。

これって、アップルのうっかりミスなんでしょうか?

それと、iOSのアップデートと共に「Apple TV」のシステムや、開発者用ツール「Xcode」なども同時にアップデートされています。

まぁiPadユーザにとって、今回のアップデートを心待ちにしていた人も多かったのではないでしょうか。

コメントを残す