アップルがMac関連の新製品を発表

アップルMac関連の新製品を発表するイベント「Back to the Mac」を開催しました。

今回、発表されたのは、ソフトウェアが「iLife ’11」「FaceTime for Mac」「Mac OS X 10.7 Lion」「Mac App Store」、ハードウェアが「MacBook Air」。

「iLife ’11」は、既存の「iPhoto」「iMovie」「GarageBand」をアップグレードした形で、Facebookとの共有機能が目につくところでしょうか。

「GarageBand ’11」で、リズムがバラバラのトラックでも、自動でテンポを合わせてくれる機能というのはちょっと凄いですね。

「FaceTime for Mac」は、iPhone 4で搭載されているTV電話機能を、Macでも使えるようにしたもの。

まだベータ版ですが、すでにダウンロードして試すことができるようになっています。

「Mac OS X 10.7 Lion」は、Mac OS Xの次期OSに当たるものですが、かなりiPhone/iPod touch/iPadなどで採用されているiOSを意識した感じになっていますね。

こちらは来年の夏にリリース予定とのことです。

「Mac App Store」も、iPhoneなどでアプリケーションの販売元になっているApp StoreをMac用にしたもの。

Mac用アプリケーションを販売するポータルサイトになるわけですが、こちらはどの程度まで普及するか未知数ですね。

開発者から、モバイル用のApp Store並に手数料を取ったりすると嫌がられるでしょうし、今後の発表に注目したいところです。

最後のOne More Thingで登場したのは、新型「MacBook Air」。

Macのラインナップの中で、唯一出遅れていた「MacBook Air」ですが、ここにきて新製品が投入されました。

従来の13.3インチ以外にも、11.6インチが追加されましたが、ただCPUがCore iシリーズではなく、Core 2 Duoのままだったのはちょっと残念。

まぁ小型サイズが追加され、価格的にもリーズナブルになったので、ポータブル用途で考えると良いかもしれませんね。

とりあえず今回は、「iLife ’11」でもポチっておくことにしましょうかね。

コメントを残す