シャープが電子書籍端末「ガラパゴス」を発表

シャープが電子書籍端末「GALAPAGOS」と、電子ブックストアを12月から開始すると発表しています。

よく、日本の市場はガラパゴス諸島の生物のように独自の進化していると揶揄されますが、逆に開き直ったネーミングになってますね。

今秋には、iPadに対抗したAndroid搭載タブレットが続々登場しますが、このデバイスでもAndroidをベースにした端末となるようです。

電子書籍のフォーマットとしては、シャープが従来より推していた「XMDF」を拡張する形になるようですが、現在、電子書籍のフォーマットとしては、他にボイジャーの「T-Time」、ヤッパの「Spin Media」、Kindleの「Topaz」、iBooksの「ePub」などがあり、各社シェア争いが激しくなってきています。

まぁ売れる売れないは、結局コンテンツの充実次第なので、とりあえずは発売時にどれぐらいラインナップを揃えてくるかというところでしょうか。

コメントを残す