Linkin Park『A Thousand Suns』

前作『Minutes to Midnight』で、ややメロディックな路線に舵を切ったことで、古くからのファンの間では賛否両論となったリンキン・パークですが、3年ぶりの新作『A Thousand Suns』がリリースされました。

今作では、冒頭2曲がいきなりインタールード的なトラックで始まることもあり、非常にコンセプト・アルバムの色合いが強い作品になっています。

全体の作風としては、前作の流れを受け継いだという感じでしょうか。

1stシングル「The Catalyst」は、やや掴みどころがない感じなのですが、アルバム全体もこのノリで構成されているようです。

これといったキラー曲が無いのが、ちょっと地味な作品になってしまっている印象かなぁ。

ちなみに今作は、スペシャル・エディションiTunes LP版でメイキングの映像が付属されていますが、スタジオにいろいろな物を持ち込んで、様々なノイズを作っている様子が面白いですね。

まぁ感想としては、新たな領域に挑戦しているのは面白いですが、ちょっと中途半端になってしまっているのも否めないといったところでしょうか。

いきなり今作から聴き始めると、初期の頃とはまったくリンキン・パークのイメージが変わってしまいそうな1作です。

コメントを残す